NPO法人 wiz

Scheme事業内容

募集中2018.6.18

一般社団法人 三陸駒舎

【欧州発】ホースセラピーを通じて地域に発達障がい児ケアを根付かせろ!
駒舎1
ホースセラピーを地域にPRし、誰もが心豊かに暮らせる未来を創り出す
ホースセラピーは馬とのふれあいを通じて心身の障害を癒やすヨーロッパ発祥のケア療法。地域で本当にケアを必要としている発達障がい児へ、ホースセラピーを広める取り組みが始まります。
=====================================
《このプロジェクトについて》
■特徴1:きっかけは「被災地の子供を元気にしたい」という気持ち
ホースセラピーは馬という命に触れる体験を通じて「自分は必要な存在」という自己有用感を高め、馬とのコミュニケーションを図る中から主体性を引き出すリハビリテーションの一種です。1950年代のイギリスが発祥で、フランスやドイツなど国によっては健康保険の適用が可能となっており、日本でもアニマルセラピーの広がりとともに近年注目を集めています。
今回のインターンの受け入れ担当者である黍原(きびはら)さんがホースセラピーを始めたのは2015年。3.11から4年が経ち、世間の注目が震災から徐々に移りつつある一方で、釜石ではまだ被災した子供の多くが仮設住宅での生活を余儀なくされているときでした。
黍原さんはまちづくりの仕事をする中で防音性の低い仮設住宅に暮らしている子供たちが、ご近所への迷惑を考えて思いっきり遊べないのを見て、この子供たちのために何かしたいと考えるようになりました。
そんな中、子供のためのホースセラピーを全国的に行う寄田さんとの出会ったことをきっかけにして、釜石で自らがホースセラピーを行う団体を立ち上げることを決め、寄田さんと一緒に2015年4月に一般社団法人三陸駒舎を立ち上げました。

■特徴2:ホースセラピーをより多くの子供に
黍原さんは当初、震災の影響で心のケアが必要な子供を中心にホースセラピーを行っていましたが、ケアを必要としている子供達と接するうちに、もともと震災前から発達障がいが原因で生きづらさを感じている子供も多く、そのような子供ほど震災後の生活環境の変化にストレスを感じていることを実感しました。
その一方で地域で発達障がいに対する理解は十分に広がっているとは言えず、ケアが必要な子供が支援団体にアクセスできていない現状があります。そこで黍原さんは実際にホースセラピーを利用している子供とその保護者の感想を地域に発信することや、市内で定期的にホースセラピーの体験会や勉強会を開催することで、ケアを必要としている発達障害を抱える子供へ適切な支援を届けたいと考えてるようになりました。
今回のインターンでは地域の子供向けのホースセラピーの体験会のPRと運営を担当してもらうことと、今後チラシやWebページで発信する予定の利用者の声を集めるために体験会参加者や普段の利用者向けにインタビューを実施し、それをまとめてもらいます。
地域全体の子供教育を考える黍原さんの挑戦をともに前進させるインターン生を募集します。

■特徴3:馬が地域を再生し、過去と未来をつなぐ
黍原さんがホースセラピーを始めたのにはもう一つ理由がありました。それは地域文化の再生です。釜石は数十年前まで人と馬が一緒に暮らし、共存していました。農耕に従事してきた市民にとって、馬は移動手段であり、ともに畑を耕す仕事仲間であり、家族だったのです。
黍原さんはホースセラピーを行いながらこの文化を次の世代に残したいと考え、自身が古民家で馬と一緒に暮らしながらホースセラピー事業を運営しています。実際にホースセラピーを始めると子供たちだけでなく、馬と共存していた時期を知る高齢の方も巻き込み、世代を超えた地域内の交流も生まれています。釜石で馬と共生する固有文化を再生し、誰もが心豊かに暮らせる未来をともにつくりましょう。
=====================================
《募集要項》

▶募集対象   大学生
▶期間     短期(3週間〜2ヶ月)
▶テーマ    こども・教育/医療・福祉・ヘルスケア
▶職種     企画・商品開発/マーケティング・広報
▶活動支援金  あり

▶活動内容
発達障がい児向けの体験会を開催し、ホースセラピーの利用者拡大に挑む

【STEP1】
●ホースセラピーと地域で行われる福祉サービスの理解(1週目)
・三陸駒舎の運営補助を行い、ホースセラピーを理解する
・大船渡、釜石、陸前高田の療育施設の見学、福祉事業者の会合への参加を通じて三陸地域における福祉サービスの理解を深める

【STEP2】
●インタビューの実施と体験会のPR (2週目〜3週目)
・三陸駒舎のホースセラピー利用者(子供、保護者)へのインタビューを実施して、内容をまとめる
・ホースセラピーの無料体験会のチラシを作成して市内の福祉事業者、学校へ配布する

【STEP3】
●福祉サービスの保護者向けPRと体験会の運営(4週目)
・地域の発達障がい児の保護者向けの会合でホースセラピー体験会のPRを実施する
・市内の発達障がい児向けのホースセラピー体験会の当日運営を行う

※日々活動の様子、ホースセラピーの魅力をSNSで発信

▶期待する成果
・発達障がい児の保護者向けにホースセラピーの体験会を実施(3組)
・ホースセラピー利用者のインタビューを実施し内容をまとめる(5件)

▶得られる経験
・子供とその保護者に寄り添いながら、体験会のPRを行い、当日の運営までをやり抜く経験
・新しいかたちの福祉をともに実践し、地域に広げていく経験

▶対象となる人
・ワクワクしながら新しい企画を考え、責任を持ってやり切れる人
・周りの人を楽しませることを心がけて、主体的な行動ができる人
・自然と関わることが好きで福祉や教育などに興味のある人

▶活動条件
【活動期間】平成30年8月中旬~9月下旬(最低1ヶ月間、最大1.5ヶ月間) ※それ以降は長期に切り替え
【活動頻度】週5~6日(目安:平日1〜2日休み)
【活動時間】8:00~17:00(※基本はこの時間ですが、企画準備状況や打合せ等により変動があります)
【宿泊】釜石市周辺での宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は企業側で準備)

▶活動場所 岩手県釜石市 三陸駒舎内
▶事前課題 有り(詳細はエントリー時に説明)
=====================================
《私たちはこんなチームです!》
ホースセラピーを通じて馬と共に暮らす生活文化を再生する
釜石で復興まちづくりに携わる黍原さんと、全国的にホースセラピーを展開する寄田さんを中心に2015年4月に設立。
築90年の古民家「南部曲り家」を拠点に、馬と共に暮らす地域文化を再生します。 馬との暮らしをベースにしたエコツーリズムやホースセラピーなど地域で新たな仕事を起こし、誰もが心豊かに過ごすことのできる持続可能な地域の未来をひらきます。 現在は釜石市や三陸地域の方々、首都圏のサポーターなどと連携しながら事業を展開中。
駒舎2
駒舎3
団体概要
設立   2015/4/1
代表者名 寄田 勝彦
従業員数 3人
WEB   http://kamakoma.org/
住所   岩手県釜石市橋野町9-44-7
-------------------------------------
▶インターン生へのメッセージ
理事/黍原 豊
「困難を抱える子供達を馬の力で元気に!」
岩手県では、1万人以上の子供達が今も何らかのトラウマ反応を示しています。復興が進み生活環境が大きく変化していますが、発達障がい児の中には、環境の変化に弱い子も多くいて、強いストレスを受けています。自然の驚異で傷ついた子供達を癒やすには、人間の力だけでは限界があります。子供が馬と出会うと、不思議と子供達は元気になります。ひとりでも多く、様々な困難を抱える子供達に寄り添っていきたいと考えています。
駒舎4
[プロフィール]
黍原 豊(きびはら ゆたか)一般社団法人三陸駒舎 理事、現場総括責任者
1977年愛知県生まれ。2001年岩手大学農学部卒。
在学中は、山村集落に通い詰めたり、クマの追跡調査など、大学よりも山で多くの時間を過ごし、岩手の魅力にどっぷりとハマる。就職活動は全くしないまま、卒業後は岩手に残ることだけを決める。
NPO法人岩手子供環境研究所、県立児童館いわて子供の森を経て、2013年4月から今年5月まで、釜援隊(復興支援員)として釜石市の復興まちづくりに携わる。釜石で活動する中で、地域固有の文化再生と継続的な子供支援の必要性を感じ、三陸駒舎を設立。自らも家族と一緒に古民家で馬と共に暮らし、事業を展開する。
=====================================
【担当者】NPO法人wiz 八田、中村
不明点や個別対応を希望する場合は、以下フォームからお問い合わせできます。
http://npowiz.org/contact/

一覧に戻る

PAGE TOP