更新

創業90年の老舗和洋菓子屋が挑む、SDGs商品開発プロジェクト

受入先:さいとう製菓株式会社

さいとう製菓TOP

アップサイクルお菓子とオリジナルエコバッグを開発し、SDGsを推進

岩手・三陸を代表する銘菓「かもめの玉子」を製造・販売するさいとう製菓。創業90年続くチャレンジスピリットをもってSDGsを推進すべく、初のSDGs商品開発に共に挑むインターン生を募集します。

このプロジェクトについて

■特徴1:地域に愛され、全国にファンも多い「かもめの玉子」
皆さんは「かもめの玉子」というお菓子を知っていますか?三陸の海を飛ぶかもめの玉子をモチーフにした、黄身餡をカステラ生地とホワイトチョコで包んだやさしい甘さが特徴のお菓子です。開発された1950年頃はまだ和菓子に洋の要素を取り入れることは珍しく、味も形も試行錯誤の連続。約15年の歳月をかけて改良を重ね、現在の4代目「かもめの玉子」ができました。今では地元はもちろん、全国にもファンが多く、多い時は1日20万個製造するほどの人気商品となりました。

■特徴2:伝統を守りつつ、挑戦と改革をし続ける
餅屋からスタートしたさいとう製菓は、創業当時から根付くチャレンジスピリットをもって挑戦と改革をし続けています。HACCPやISO22000といった食品の衛生管理、安全マネジメントシステムをいち早く導入したことも、常にアップデートし続けているからこそ。さらに近年は「コトの提供」に取り組み始め、2017年に大船渡市街地にオープンした「かもめテラス」では、和洋菓子やパン、ソフトクリームなどの販売に加えて、製造工程を見学できたり、かもめの玉子の絵付け体験ができるようにしました。味や形へのこだわり、安心・安全なお菓子づくりといった伝統を守りつつ、時代のニーズに応じた商品開発、機械と人の手を融合した生産性の向上、体験サービスの開発など、その歩みを止めることはありません。
(参考)さいとう製菓企業紹介動画(音声あり)

■特徴3:インターン生と共に進めてきたSDGs
会社全体として取り組むSDGs宣言の第一弾を策定したのは、2022年6月のことです。SDGsに取り組む方針は定めたものの具体的なアクションを模索していた中、一歩を進めたきっかけはインターン生でした。
宣言策定から1年後の2023年夏、SDGs推進を担当する取締役・総務部長の金野(こんの)さんとインターン生が中心となり、現場スタッフの意見を取り入れながらトライアルをスタート。SDGsに関する情報を社員に共有する仕組みづくりや社内フードドライブの企画を実施し、社員のSDGsへの理解を深めることができました。
トライアルを経た2024年1月にSDGs宣言を改訂し、「食品ロスの削減」「地域社会への貢献」などの4つのテーマを設定。2024年春に新たなインターン生を迎え、消費者のSDGsに関する意識調査を実施した上で、効果的かつ実現可能な取組みの企画検討を進めました。
多くのアイデアとヒントを得られた中でこの夏に実現したいことは、菓子製造の過程でどうしても発生してしまう廃材を活用した新たなお菓子とオリジナルエコバッグの開発です。開発したお菓子は9月下旬に予定している地域イベントで試食配布し、アンケートを取り、商品化に向けて会社が引き継ぎます(インターン生にはできる限り地域イベント当日にもいてほしいと考えていますが、ご都合に応じて相談に応じます)。オリジナルエコバッグについても地域イベントで特典として配布できるよう、デザインや形状、素材など、アイデアやこだわりを積極的に提案しながら開発を進めてもらいます。
SDGs、食品開発、デザイン等の専門家である必要はありません。さいとう製菓の一員として製造や販売の現場に立ちながら、「まずやってみる!」精神で共に試行錯誤してみませんか?チャレンジスピリットあふれる現場が皆さんを待っています!

募集要項

募集対象

大学生

期間

短期(3週間〜2ヶ月)

テーマ

食・ライフスタイル、環境・エネルギー・バイオ

職種

企画・商品開発、デザイン

活動
支援金

あり

活動内容

「SDGs」を魔法の言葉で終わらせない。アップサイクルお菓子とオリジナルエコバッグの開発に挑戦!

【STEP1(1週目)】
●現場実習、アイデアブラッシュアップ
製造、販売の現場に立ち、業務の流れやお客様の動向への理解を深めます。現場スタッフとも積極的にコミュニケーションを取り、アップサイクルお菓子とオリジナルエコバッグのアイデアをブラッシュアップしていきましょう。

【STEP2(2〜4週目)】
●オリジナルエコバッグの開発、アップサイクルお菓子の試作
納期の関係で、オリジナルエコバッグのデザインは8月下旬の確定を目指します。社内関係部署や発注先と協議を重ねながら、アイデアやこだわりを盛り込んだオリジナルエコバッグを作りましょう!
オリジナルエコバッグの見通しが立ち次第、アップサイクルお菓子の試作に取り組み始めます。

【STEP3(5〜6週目)】
●アップサイクルお菓子の完成、試食アンケートの作成、地域イベント対応(可能であれば)
引き続きアップサイクルお菓子の試作を重ねます。商品の企画や開発に関わるスタッフにアドバイスをもらいながら、これまで廃棄されていたものに新たな価値を生み出すお菓子を作りましょう!
完成したお菓子は9月下旬の地域イベントで試食配布します。試食頂いた方の反応やアンケートを通じて商品化に向けた改善のヒントを集め、企画・開発スタッフへ引き継ぎます。
※スケジュールの都合で地域イベントに参加できない場合は、当日の様子やアンケート結果をフィードバックしますので、リモートでアンケート結果を集計して引き継いでもらえればと考えています。皆さんが試行錯誤して開発したアップサイクルお菓子がどんな「笑顔、感動、幸せ」を創造する商品になっていくか、そのストーリーを共に紡いでいきましょう!

期待する成果

・アップサイクルお菓子の開発
・オリジナルエコバッグの開発
・いずれも地域イベントで試食配布、特典配布を実施。アップサイクルお菓子については試食アンケートを実施、集計し、企画・開発スタッフへ引き継ぐ。

得られる経験

・自らのアイデアを形にし、スタッフや地域住民等からフィードバックを得る経験
・企業の一員としてSDGs商品開発を試行錯誤し、コストや納期等の実現性を考えながら、価値や魅力を探求する経験
・アイデアへの理解や協力を得られる提案・コミュニケーションを、実践を通じて学ぶことができる
・現場業務やスタッフとのコミュニケーションを通じて、地域に根ざす老舗和洋菓子屋の伝統やチャレンジスピリットを肌で感じる経験

対象と
なる人

・企業として取り組むSDGsに関心があり、企画・開発する一連のプロセスを経験したい人
・フットワーク軽く、初対面の人とも明るくコミュニケーションができる人
・自らの気づきや意見を大切にし、周囲に共有、相談ができる人
・和菓子や洋菓子が好きな人
※デザインや食品開発の専門性は不要ですが、主体的に試行錯誤したり提案することを期待しますので、手書きやパソコンで絵を描いたり、自炊やお菓子作りが好きな人が好ましいかと考えています。

活動条件

<このプロジェクトは現地活動型です>
【期間】
【令和6年8月16日〜9月30日の期間内で5〜6週間程度(8月7日〜9日はオンライン研修)】を予定しています。この期間以外の参加を希望する場合はご相談ください。企業と協議のうえ、調整します。

【活動頻度】
週5日、1日8時間程度(週40時間程度)

【活動時間】
受入企業の通常業務時間内で1日8時間程度、確保してもらいます。
※活動の内容・進み具合によっては、上記以外の日程・時間で活動することがあります。

【宿泊】
大船渡市内で宿泊(企業側で準備)

【参加条件】
・自分用PCがあり、自宅にインターネット環境が整っていること
・インターンシップ開始までに、インターンシップ活動が適用になる保険(損害賠償保険、傷害保険)への加入をお願いします
・交通費、滞在費の補助あり(詳細はエントリー時に説明します)

【参加までの流れ】
リンク先のwizHP『参加までの流れ』を確認ください

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田 連絡先:intern@npowiz.org)までお問い合わせください。

活動場所

現地:本社事務所(岩手県大船渡市赤崎町字宮野5-1)、かもめテラス(岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前7-31)

事前課題

有り(詳細はエントリー時に説明)

私たちはこんなチームです!

さいとう製菓イメージ1
さいとう製菓イメージ2

団体概要

  • 設立    昭和8年11月
  • 代表者名  齊藤 俊満
  • 従業員数  200名
  • 資本金   5,000万円
  • 売上高   -
  • W E B   https://saitoseika.co.jp/
  • 住所    岩手県大船渡市赤崎町字宮野5-1

その先の笑顔、感動、幸せを創造しよう

主力商品の「かもめの玉子」は、東北地方の駅売店、サービスエリア、ショッピングセンターなど、様々な場所でお土産として好評を得ています。また直営の店舗では、和・洋菓子を豊富に取り揃えて、お客様のニーズに応えながら、高品質の商品を提供できるようにしています。
最近では、お菓子の販売という「モノの提供」だけではなく、お菓子作り体験や、工場見学といった「コトの提供」を行い、近隣のみならず、遠方からのお客様にも楽しんでいただけるような取り組みも行っています。
時代は常に移り変わるので、これに対応していくべく企業も中身を変化していかなければなりません。時代に合った商品・サービスを生み出すために、社員が皆で知恵を出し合って、日々の仕事を通じた人材育成を大切にしています。

インターン生へのメッセージ

金野さん

金野 崇/取締役 総務部長

「SDGs」という言葉はマジックワードで、何となく良いこと、良い感じがするものです。さいとう製菓でも昨年、SDGs宣言を行いましたが、はたして何が出来ている?出来ていない?のか。また私も含め大方の社員はニュースでしかSDGsを耳にしたことはなく、仕事の上で実感していないのが実情かと思います。
この「良いと思うこと」を実際の活動に落とし込み、その評価を受けるという一連のプロセスを、リアルな仕事の現場で実践してみませんか?インターン生も私たちも同じ位置からのスタートです。共に考え、一歩踏み出すインターン生を待っています!

プロフィール

岩手県陸前高田市出身。大学を出た後、地質調査会社の技術職を経て、30歳頃に岩手に戻る。独立を考えていたが、ご縁のあったさいとう製菓に入社し、畑違いの総務部で経理担当となる。現在は総務部長としてバックオフィス全般、連携業務等のマネジメントを担う他、頼まれると断れない性分もあり、社内の何でも屋としてあちらこちらへ出向いている。社外でもまちづくりや観光振興など、地域活性に繋がる活動に積極的に参画している。

PAGE TOPボタン